ライトアップされた松本城の桜は幻想的

長野県松本市を代表するのは松本城です。

松本城は白と黒のコントラストの美しさを誇る五重の木造天守を持ち、日本の国宝に指定されています。

五重の天守を持つのは松本城と姫路城しかありません。
また、天守の背景には遠く北アルプスの雄大な山が望め、その姿は壮観です。

その松本城のある松本城公園や本丸庭園にはソメイヨシノやヤエザクラ、ヒガンザクラ、シダレザクラの4種類の桜が約300本植えられており、県内外から毎年何万人もの花見客が訪れます。

松本城の桜の中で、特に花見客の目を奪うのが「駒つなぎの桜」と呼ばれるシダレザクラです。
庭園内の北側にあり、背景にそびえる天守と桜のコラボレーションがインスタ映えそのものです。

松本城の夜桜会

松本城の桜が開花宣言されると、「夜桜会」と「国宝松本城桜桜並木・光の回廊」が開催されます。そして、祭りの気分を盛り上げるのが、月見櫓で行われる三曲(琴、尺八)やフルート、雅楽の演奏です。雅楽を聴きながらの花見も、また乙なものです。

本丸庭園内には常設売店があり、花見団子等の販売や茶席が設けられ、「花より団子」も楽しめます。

なお、夜桜会の期間中は松本城外堀沿いの桜と女鳥羽川の桜並木がライトアップされます。松本城天守と本丸庭園の桜がライトアップされると、荘厳な漆黒の天守と桃色の桜が夜空のキャンバスに描かれた絵のように映え、その幻想的な美しさに感動します。

松本城の観覧

・観覧時間(国宝松本城天守):8:30~17:00(入場は16:30まで)

・観覧料金:高校生以上610円、小・中学生300円

「夜桜会」の期間中は天守を除く本丸庭園が無料で開放されます。

松本城のアクセス

・所在地:長野県松本市丸の内4-1

1)電車:JR「松本駅」から徒歩約15分

2)バス:JR「松本駅」から松本周遊バス「タウンスニーカー」
・北コースで約10分、「松本城・市役所前」バス停下車、徒歩約1分

3)車:長野自動車道松本ICから国道158号を松本市街地方面へ約3km、約15分

4)駐車場:松本城大手門駐車場400台収容、150円/30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です